満開なのに雨でした

先週の金・土曜日は、京都の外れにある我が職場に日本全国のグループ会社の同じ業務を行う担当者が集まっての研修会がありました。

前回は、私も受講者として福岡まで部下と行ってきましたが今回はホスト側。

主催はグループ会社を統括する部署ですが、下見の後は当日着で終了後は簡単に片づけて撤収。

せっかく京都まできて、午後早めに終了なので少しでも京都観光して帰ってもらいたかったのですが、解散の時にはしっかり雨でした。

今日も天気は期待できませんでしたが、朝早めに目を覚まして外を見るとシトシトと降ってました。

ぐずぐずしていても仕方ないので、この前レンズに傷をつけた眼鏡を買いに出かけ(出来上がりまで1週間ほどかかります)、昼過ぎに帰宅すると雨は上がりました。

曇り空なので京都市内まで遠征する気力も起きなかったのですが、カメラを持って出かけてみました。

線路沿いの公園に桜の木があるところがあり、前から気になっていた場所です。

IMG_6808_1

 

IMG_6855_1

元々少しばかり鉄チャン要素があるので、電車を絡めてみますが、風が強いのでスローシャッターで電車と風にそよぐ桜

IMG_6832_1

公園では子供たちが遊んでいます。

今度はぶれないように桜と電車

IMG_6887_1

この撮り方では露出差が激しく、両方に露出が合わないのでディフューザーを付けた外付けストロボを桜に向け発光して何とか・・・・・

ここまでで、鉄分に火が付き鉄道写真に走ってしまいました

(^^ゞ

IMG_6938_1

塗装を変更した特急です。

LED表示はシャッター速度が速いとキチンと映らずご覧の通りです。

こちらも表示が・・・

IMG_6903_1

春らしく、菜の花をあしらってみました。

 

IMG_6892_1

こちらは少し古い車両なので、行き先表示が幕タイプなのでOK!

線路の反対側に市民ホールがあり、そこの枝垂れ桜も満開です。

IMG_6784_1

広角ズームを目いっぱい広角にして、液晶モニターの向きを変えて木の根元近くにカメラを置いてライブビュー機能を使って撮影しました。

IMG_6775_1

ピンクが綺麗です。

公園の桜の下では、家族連れが記念写真を撮ってました。

 

う~ん、なんだか消化不良です。

天気には勝てませんね。

 

次は藤かツツジ?

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

いよいよ桜のシーズンですが・・・

京都も桜が開花し、4月初旬が満開となりそうです。

でも、4月初旬は職場で色々とありここ数年は桜の写真を撮りに行けてません。

3年ほど前までは、ISOの更新審査の時期と被りドタバタ。

その後は、勤めている会社の日本全国のグループでの研修。

ISO審査は、グループ会社のそれぞれで認証を受けていて、毎年審査が3月末から4月初旬となり、うちの職場も審査を受けてましたが、3年前からグループでの認証となりその後はグループ内で順番で審査を受けることとなり、この期間中はうちの職場は審査対象外となり安泰でした。

しかし、来年は審査を受ける順番となり、今年は大変です。

で、研修の方も4月の最初の金・土曜日の1泊2日で昨年は部下と二人福岡まで研修を受けに行って来ました。

(翌週に熊本の地震が発生しました)

昨年はその疲れで満開の桜の撮影を逃し、今年はこの研修がうちの職場で行われるのですが、それが4月の今度の金・土曜日。

満開の時期とモロ被り。

今回の研修の参加は、私の課の若手3名だけなのですが、会場担当責任者として2日間研修のお手伝い。

運営自体はグループの統括本部が行うのですが、設営・手伝いや戸締りなどで土曜日も出勤です。

う~ん、日曜日にカメラを担いで撮影に出かけられる体力・気力が残っているかどうか・・・??

行くなら、最近は嵯峨・嵐山方面ばかりなので、久しぶりに清水寺や高台寺、丸山公園方面に出かけて見たいと思ってます。

しかし、桜のシーズン(紅葉のシーズンもですが)は京都はとんでもない人出となります。

ここ5年位前からは、外国の方が急増してます。

5年位前はアメリカ・ヨーロッパ方面の方と多かったのが韓国からの観光客に中華圏の方。

2年位前からは、ほぼ中華圏の方となっています。

会話の声も大きいし、綺麗な風景や花・樹木があれば周りの事を考えずに、その場所を独り占めにして長時間連れの女性の撮影会を始めます。

しかも、多くの方のカメラはなぜか「キヤノン」のフルサイズタイプのデジタル一眼レフに高級タイプのレンズを付けてます。

何度か記念撮影を依頼されましたが、設定を確認すると「プログラムAE」モード。

せっかく良い機材使ってるので、使い込んであげて欲しいなぁ~って思っちゃいました。

ホテルなども1年位前から予約しないと取れないし、値段も1.5倍以上に跳ね上がるようです。

今回の研修も、統括本部の方で参加者(20名以上)のホテルの手配に苦労したようで、ホテルの予約受付当日の朝一から連絡して何とか部屋を取ったようです。

週間天気予報を確認すると金曜の京都は曇り時々雨、土曜は曇り、日曜は曇り時々雨。

いずれも降水確率40~50%。

花は持つのでしょうか・・・・ (-_-;)

日曜に撮影に行けるでしょうか・・・・

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

宇治植物公園 河津桜

三連休の中日、3月19日に天気も良かったので、河津桜が満開との情報を得て車で京都府宇治市にある「宇治市植物公園」へ行って来ました。

公式HPはこちらから

何度も前を通ったことはありましたが、中に入るのは初めてです。

入場前には満開の菜の花がお出迎え。

IMG_6608_1

最初に温室へ。

カメラのレンズがうっ~すら曇ります・・・・。

うっそうとしたジャングル??

IMG_6621_1

温室内にあった「カラテア ロセオリネアタ」と言う植物のようです。

IMG_6623_1

一部白飛びしちゃったので、少々マイナス補正しましたが、印象がかなり変わりますね。

IMG_6625_1

順路に沿って進むと、「花と水のタペストリー」に出ます。

IMG_6630_1

そして、目的の河津桜へ・・・・・・・と思うと、その前に満開の梅が。

IMG_6631_1

園内の菜の花畑では、蜜を求めて

IMG_6641_1

普段は画像処理やトリミングなどほとんどしないのですが、この写真は寄り切れてなかったので、少々トリミングしてます。

桜のゾーンへ続く通路にはパンジーでしたっけ?(あまり詳しくありません・・・)

最近の標準ズームレンズでもきキットになってる物って結構寄れますが、これも少々トリミング。

クロスフィルターを使って、水滴のきらめきをプラスしてみましたがイマイチですね。

紫は少しの露出の違いや、カメラの設定の違いで色が変わるので、難しいです。

IMG_6663_1

 

梅と桜のコラボ。

IMG_6691_1

情報の通り河津桜は満開です。

IMG_6668_1

IMG_6673_1IMG_6698_1

ムクドリでしょうか?

蜜を一所懸命吸ってました。

IMG_6704_1

いくら満開とはいえ、植物園内で少々間が空いて数本の満開では、華やかさはあまりありません。

でもソメイヨシノより少しピンクが濃いので、色は明るくなります。

2時間半ほどいましたが、そんなに人も多くなくゆっくりできましたが、コストパフォーマンスから言うと微妙です。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

北野天満宮

2月25日に梅の開花情報をもとに京都北野天満宮へカメラをぶら下げて行って来ました。

北野天満宮HP

何も考えずに出かけたのですが、毎月25日は「天神さん」の日で特に2月は「梅花祭と野点大茶湯」が開催されており、梅の時期に何度か天満宮へ行ったことありますが、ただ事でない人出でした。

京都地下鉄 今出川駅から市バスに乗ろうとバス停へ行くと30人ほど行列になってました。

バスは1時間に4~5本程度。

やっと来たバスは既に満員。

10人ほど乗って行っちゃいました。

しばらく待ってもバスが来ないので、バス待ちの前列の人も天満宮へ行くとの事で、タクシー相乗りで向かいました。

途中で先程出たバスを追い越して、天満宮着。

人数割すれば、バス代より安く済みます。

一の鳥居から既にこんな状態です。

img_6463_1name

ここでも、中国語が飛び交ってます。

 

楼門へ続く参道もこの有様です。

img_6465_2_1name

今まで来た時は、奥に見える楼門の手前に梅苑の入り口が設けられてましたが、今日は本殿横の1か所だけのようです。

楼門をくぐり、三光門を抜けご本殿の前に。

img_6476_1name

参拝者が凄い・・・・・・ (これ、正月に買った新しい広角レンズで撮影しましたが、先日新型が発表され、買って1か月で旧型になりました (T_T) )

御本殿参拝はあきらめました。

梅苑入口へ

img_6469_1name

入場券売り場も20人ほどの行列に。

お茶とお菓子付きで700円です。

img_6491_1name

img_6496_1name

img_6497_1name

見頃となってましたが、早咲きの梅が7分咲き程度でしょうか・・・

御土居沿いの所は少しまだ寂しい状態でした。

img_6560_1name

入場券についていたお茶とお菓子の接待を受けられる茶店でも行列ができてました。

img_6509_1name

5分ほど並んで有り難くいただきました。

お茶は梅昆布茶です。

img_6513_1name

一服した後、梅苑内を見て回りました。

こちらは結構咲いていました。

img_6520_1name

img_6550_1name

img_6526_1name

img_6551_1name

一通り見て回った後、御土居の上を通って入ってきたご本殿の横の出口へ。

 

img_6565_1name

帰りに三光門前の狛犬さんの後ろの白梅が綺麗だったので、ポートレート風に撮影してみました。

img_6585_1name

人混みを後にして、近くの京都発祥こってりラーメンのチェーン店で昼食を取ろうと思ってましたが、14時近くなのに店内で順番待ちが。

スルーして近くのスーパー内の和食店へ行きましたが、こちらも順番待ち。

お一人様でもカウンター席がある店で20分以上待たされました。

で、スマホで撮りましたがこれに真昼間からビール1本 (^^ゞ

昼間の1杯は特に美味しいです!!

kimg0263_1name

帰りはバスに乗りましたが、北野天満宮前のバス停を外してスーパー近くから京都駅へ向かうバス停に行きましたが、ここでも20人ほど行列に。

ここから京都駅へ向かうバスは10分弱に1本来ますが、1台目は5人ほど乗って超満員で出発。

そういえば金閣寺を通ってここのバス停から京都駅へ向かうので、すでに満員になってます。

2台目がやってきても10人ほどしか乗れません。

が、続けてやってきたバスを見ると同じ系統の京都駅へ向かうバスで、こちらはガラガラ。

しっかり座れましたが、京都駅まで50分ほどかかりました。

後は、電車に乗って帰宅。

結構疲れました。

人混みは好きになれません

 

 

 

カテゴリー: カメラ, 写真, 未分類, , 京都 | 2件のコメント

京都南部のイルミネーションイベントに行って来ました。

12月1日より開催されている「ツィンクル城陽」と言うイベントに行って来ました。

詳細はるるぶHP、公式HPをご覧ください

今までは、開催もっと早くに訪れていましたが、今年は開催初日と翌日は東京出張、3・4日は家で出張報告書や費用清算などで潰れてしましました。

という事で、遅くなりましたが10日の土曜日に行って来ました。

そういえば10日は長女の誕生日です。

この前の東京出張の帰りに、少しだけ顔を見てきました。

当日は、早めに開催されている城陽市に到着。

昼過ぎに到着したので、この地域で「台湾ラーメン」で有名な店へ。

今まで何度か来たことがありますが、個人的には「台湾味噌ラーメン」の方が好きです。

1481426021719

1時を回ってましたが、1人でも少々店の外で待たされました。

例年イルミネーション点灯前から周辺は大渋滞となっていましたので、昨年からバスで行くようにしました。

まずは入り口です。

img_6255このイルミネーションのキャラクターのイルミネーションがお出迎えです。

着ぐるみもいました。

子供たちに大人気で、記念写真に行列ができてました。

img_6262

協力費100円を支払って、会場へ通じる階段です。

クロスフィルターで、煌めき感を少々演出してます・・・

 

開催当初から毎回来ていますが、毎回頑張っている感は感じられるのですが、私が慣れてきたせいか年々感動が少なくなっているような気がします。

img_6273

メーン会場となる池のイルミネーションと、ツリーです。

img_6279

img_6285

img_6305

山の斜面の運動公園で行われていますが、そのてっぺんにはひと際大きなキャラクターのイルミネーションが

img_6298

 

img_6307

img_6325

少しイメージカットもimg_6314

会場と第二出入り口を結ぶ通路は青いLEDを使ったトンネルになってました。

img_6327

 

メイン会場の池の前にはご覧のようなベンチがあり、記念撮影スポットになっていて常に10組程度が並んでました。

img_6347

って事で、一通り回ってきましたがあまり新鮮味を感じませんでいたが、一所懸命感は伝わりました。

別会場では、ライブや露店が出ていましたが、あまりの寒さと腹が減ったので、この後はバスに乗ってそそくさと帰宅しました。

 

今までは、開催当初に行っていたためか、会場周辺は駐車場待ちの車が溢れ大渋滞となってましたが、今回は駐車場は満車にはなってましたが、帰宅時でも会場周辺に車が溢れていることはありませんでした。

臨時駐車場が増えたのか、渋滞の重大さを思ってバス等に切り替えた人が増えたのか、来場者が減ってきたのかは不明ですけど。

今回は2年半ほど前に買ったデジタル一眼レフで撮影しましたが、その前から持っていたデジタル一眼レフに比べてISO感度を高くしてもノイズが少なくて綺麗な画像になるので、手持撮影でも十分撮影できます。

昨年は大きめの三脚を持って行ってましたが、ほとんど使わずでしたし、今回は小さな三脚を持っていきましたが、1度も使わずです。

手振れ補正機能に少々助けられた面もありますが、技術の進歩には脱帽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

毎年の恒例となりました。

ここ数年恒例となりました紅葉の嵯峨嵐山を巡ってきました。

ま、なぜ嵯峨嵐山ばかりかは置いておいて・・・・・・・・

夏から秋へ激務が続き、先月末に一度落ち着いてと思えば今月に入って輪をかけた激務で、連日明け方までの勤務が(T_T)

今週に入って少しばかり落ち着き、今朝も早めに目が覚めたので天気はイマイチでしたがカメラを持って恒例の嵯峨嵐山を巡ってきました。

今年は紅葉が早いと聞いてましたが、今日(11/23)は天龍寺も保津川沿いも常寂光寺もすでに落葉が始まり、残っている葉も色かくすんだ物がほとんどでした。

飛び交う言葉はJR京都駅から中国語がほとんど。

しかも大きな声で。

今回は、あまりシャッターを切れませんでしたが、少しばかりましなのがありましたので、よければご覧ください。

img_6112

久しぶりにトロッコ列車の嵯峨駅の行列を見ました。

img_6113

まずは天龍寺へ

img_6116

img_6121

img_6122

img_6133img_6138

どうもイマイチで、シャッターを切る回数が増えません。

少々遅かったようですね。

渡月橋はとんでもないことになってます。

img_6142そういえば、レンタルでしょうが着物姿の女性も目につきました。

img_6156

保津川左岸を上流に向かって歩いていると、保津川下りのの船が次々と到着します。

今日は寒かったと思います。

img_6165

台湾か中国語かで会話されてましたがウェディングフォトの撮影中のようです。

わざわざ日本まで出張撮影??

もう3日早ければ、図晴らしい紅葉の下で撮影できたでしょう。

この山の中腹の公園でコンビニで買った弁当で軽くお昼。

そのまま常寂光寺へ向かいました。

途中、竹林の道の入り口があるのですがこんなことになってます。

img_6193

img_6201

常寂光寺に着きましたが、紅葉感もイマイチ・・・

それでも拝観料を払って境内へ

img_6207

img_6211

img_6213

img_6216

img_6230

img_6244

img_6249

激務の気分転換にと思って、思い切って出かけましたがなんだか消化不良で終わりました。

来週後半には出張があるので帰り京都駅に寄り、新幹線の切符を買ってから構内の立ち食いそばを食べて帰ってきました。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

体育祭の撮影

昨日、中学校の体育祭に卒業アルバム用の写真撮影に行って来ました。

グラウンド内に入っての撮影ができるので、APS-C一眼レフ2台。

レンズは望遠が少し長めの標準ズームと望遠ズーム。

予備に標準ズーム1本。

あとは、クリップオンストロボ1台

カメラ本体にはバッテリーグリップを装着して、フル充電したバッテリーを2個挿入。

メモリーカードの予備。

グラウンド内から撮影できるのでこれで十分ですが、保護者席から撮影するなら200mトラックの反対側をアップで撮るなら400mm級のレンズでも難しいでしょうし、300mm超えるレンズって気軽に手持ちで扱えるものじゃありません。

保護者席なら撮影するなら、標準ズームレンズと通常の、望遠ズームレンズで大丈夫です。

体育祭・運動会らしい背景(得点板や応援旗など)を入れたり、一緒に競技に出てる友人などと一緒に写した方が、記念になり後日見たときにも思い出が鮮明になると思います。

また、その中から有名人が出ればラッキー!?

撮影のコツは基本的にはシャッター速度を早めにして、「ブレ」を極力抑えること。

そのためには曇りではISO感度を800以上、晴れでも400以上にしましょう。

シャッター速度は1/500より早く。

絞りがレンズのF値は8.0~11位の範囲で。

 

慣れないうちは、絵文字モードがあればその中の「スポーツ」にセットして、シャッターチャンスに専念した方がいいでしょう。

慣れてくればシャッター速度を遅くして「流し撮り」にチャレンジしてもいいでしょう。

 

シャッターを切るタイミングは、ベストのタイミングのほんの少し前。

 

 

 

最後に、機材について。

ブレ難さ、ファインダーの見やすさ、AFの速さから言って、個人的に1番のおススメは本物の一眼レフ。

現在国内メーカーでは、PENTAX・Canon・Nikonしか作ってません。

初めてなら、Canon EOS  KissシリーズやNikon D5000シリーズないし3000シリーズで十分です。

連写せず、シャッターチャンスに専念します。

 

ミラーレスやコンパクト一眼などと呼ばれるものは、モニターを使って画像を確認するので(電子ファインダー付も)バッテリーの減り方が早く、明るい場所では画像が見にくい、一部機種を除きAFが早くない、ファインダーの無いものはカメラのホールドが甘くなるので、特に望遠レンズでブレやすくなります。

 

コンパクトデジカメは、超望遠撮影が可能なものもありますが、AF速度、レスポンスの悪さ、手持撮影での限界を超える超望遠など、運動会などの撮影にはお勧めしません。

 

 

しかし、昨日の撮影現場。

保護者席はスマホばかり。

あとはほんの少しのビデオカメラと、通常の望遠レンズを付けた一眼レフがチラホラ。

昨年までは、プロ用の超望遠レンズを付けた一眼レフを持ち込む父兄が見られましたが、今年は見かけませんでした。

PTAの広報担当のお母さん。

昨年までは一眼レフを持った人数名にコンパクトデジカメを持ったお母さまがた合計7~8名でした。

今年は・・・・・一眼レフ1名、ミラーレス一眼1名、スマホ5名、タブレット1名でした。

時代の流れでしょうか。

 

コメント欄に質問頂けば、時間がある時になりますが、わかる範囲で撮影のなコツをレスさせて頂きますので、こまっていることなどあれば気軽にカキコしてください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: カメラ, 写真 | タグ: , | 2件のコメント